一般歯科
 主に保険適用内の治療で、むし歯や歯周病の予防処置や治療のことです。

〇むし歯治療

 むし歯治療とはむし歯菌を取り除くだけでなく、むし歯の進行状況に合わせて治療内容も変わっていきます。初期段階のむし歯であれば、見た目に問題がなければ特に治療を施す必要はないでしょう。ただ欠けた部分に汚れが溜まりやすいため、ブラッシングの指導などを実施します。中等度の場合は痛みも伴うケースが多く、丁寧にむし歯菌を除去し詰め物やかぶせ物などで覆う治療を実施。重度のむし歯の場合は、激烈な痛みが起こりやすく、根管治療が必要になるケースも多いです。

 根管治療はむし歯になった部分を除去し、歯髄が残存している場合は全ての歯髄を取り除きます。また既に根の治療をした歯の場合、充填されている防腐剤を全て除去していきます。根の形を整える根管形成を行い、根の中に消毒薬を詰めて仮蓋を実施。根の中がキレイになったら、根管充填し土台を装着。噛み合わせなどをチェックし、終了というのが一般的な流れです。



 

〇歯周病治療

 歯周病は、歯を失う大きな原因となる疾患です。歯と歯茎の間に歯周ポケットという溝ができ、この溝の中で歯周病菌が増えてしまいます。その結果、歯肉や歯槽骨の炎症が起こり、歯を支えられなくなっていくのです。歯周病は全身にも悪影響を及ぼすと言われており、糖尿病や血管障害などの要因にもなると言われています。そのため早めに治療を行うことが大切です。

 歯周病の一般的な治療は、歯の周りや根元についた歯石を除去し、表面をツルツルに磨き上げます。ツルツルにすることで、歯石が付きにくくなりますので、定期的に歯石除去を行うようにしましょう。また歯磨きの指導も治療の一つです。正しい歯磨きを行うことで、再発予防に繋がります。
 

〇入れ歯治療

 歯を失ってしまった方に入れ歯をつくる、入れ歯を調整するなどを行う治療です。入れ歯と言っても、部分入れ歯や総入れ歯に大きく分けることができ、保険適用から保険適用外の入れ歯まで様々なタイプがあります。予算などに応じて、様々な種類の中から自分に適した入れ歯を製作することができます。


矯正治療

 矯正歯科とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。
 ただ歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身と かみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせています。

小児歯科
 乳歯だからといってむし歯になっても問題ないと考えるのは大変危険なことです。
 乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備する役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。

ホワイトニング
 

 ホワイトニングとは歯を削ったり溶かしたりせず、歯を白くしていく方法です。

 ホワイトニングはアメリカが発祥の治療法で、15年以上前から行われている安全な治療法で、歯のエナメル質に沈着した有機物の着色を分解して漂白するというものです。

 

予防歯科
 予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、なる前に予防しようとする考え方、もしくはそういった考えの元に専門的な検査や施術を行っている診療科のことです。
 

妊婦さんのための歯科治療
 一般的な歯科治療であれば基本的に妊娠中でも治療を受ける事ができます。歯が悪くなったまま放置していたり、歯周病の症状が悪化したまま出産まで待ち続けたりすると症状が非常に重くなる事があり、この間も治療を受けられないと妊婦さんにとって非常に大きな負担になってしまいます。症状がつらい場合には妊娠中でも治療を受けられるので、ぜひご相談ください。
49B0FF38-C5F4-4AA2-87FB-B8F44706CDFC.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
49B0FF38-C5F4-4AA2-87FB-B8F44706CDFC.png