ラミック治療

 従来のむし歯治療では、治療した部分の補綴物(削った部分を埋めたりかぶせたりする素材)は主にパラジウム合金、いわゆる銀歯を使っていました。しかし銀歯は見た目が悪いだけでなく、金属が溶け出すことにより金属アレルギーを引き起こす可能性もあります。

 一方、セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く保つことが可能です。最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。

〈メリット〉

☆審美性に優れる

 セラミック治療の一番のメリットが審美性でしょう。銀歯が入っている場合、一目で分かってしまいます。また銀歯の場合、金属の溶け出しにより歯茎も黒ずんでしまうことがあります。しかしセラミックではそんなことはありません。自信を持って人前でも笑顔を見せられるようになることでしょう。

 

☆劣化しにくい

 銀歯は使っているうちに少しずつ変形していきます。変形すると天然歯と銀歯との接着部分にすき間や段差ができ、そこで二次むし歯が発生してしまうのです。その点、セラミックは変形することもなくすき間もできにくいため、二次虫歯になる可能性が低いのです。またセラミックは表面が陶器のようにつるつるしています。そのため汚れや茶渋やヤニなどの色素が付着しにくいのです。 保険診療でも、歯科用プラスチックなど白い材料はあります。しかしプラスチックは変色が早いほか、セラミックと比べると破損しやすいなどセラミックと比べると性能は劣ります。

 

☆金属アレルギーでも使える

 銀歯など金属でできた詰め物は、少しずつ金属が溶け出していき口内炎や手足の水ぶくれなど、金属アレルギーの原因になることがあります。しかし、セラミックであれば金属を使っていないため、金属アレルギーを起こす心配はありません。

 

〈デメリット〉

☆保険が適用されない

 セラミック治療には保険が適用されないため、自費で治療する必要があります。保険診療による治療に比べると、値段が高くなります。ただ、保険診療で直した銀歯などはセラミックに比べて寿命が短いのも事実です。その点も考えると、セラミック治療が必ずしも高額だとは言い切れません。

 

☆割れることがある

 セラミックの硬さは陶器のような硬さです。つまり陶器と同じように割れてしまうこともあります。以前と比べると割れてしまうことは大幅に減り、奥歯の使用にも耐えられるようになりました。しかし、歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある場合は、割れてしまう可能性があります。 そういった方は、夜寝るときにナイトガードと呼ばれる睡眠時専用のマウスピースをつけるなどといった対策が必要になってくるケースもあります。

 まつもと歯科医院では装着時から3年間の保証期間を設けております。

 

☆一生使えるわけではない

 セラミックは銀歯などと比べると長持ちです。しかし一度セラミック治療すれば一生安心というわけではありません。手入れが悪ければ二次むし歯になることもありますし、加齢などで歯茎が下がり境目が目立ってしまうこともあります。 歯磨きや定期検診をしっかりしておけばより長持ちするため、日々のお手入れが重要です。