ホワイトニング
CBB53F4C-CE43-49A0-BD9E-7A624CB0A7DC_edi
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png

ホワイトニングはもともとは、米国で1989年より実用化が始まった技術で、
歯のエナメル質に沈着した有機物の着色を分解して漂白するというものです。

「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」
などの悩みをお持ちの方、
ぜひ一度ご相談ください。

フィスホワイトニング

 歯科医院で行う専用ホワイトニングです。

 専用の薬剤とライトを使って歯科医院で行います。

〈メリット〉

☆専門家である歯科医に施術してもらえるので、白さにムラが出るなどの心配も少ないです。

☆施術中に痛みなどの不測の事態が生じた際、すぐに専門的な治療を受けられます。

☆最初から最後まで歯科医院でホワイトニングの施術が行われるため、歯科医に口内環境をチェックしてもらえます。また、ホワイトニングの前には歯石の除去も行うため、口内環境の改善や虫歯予防、病気の早期発見にもつながります。

☆初回は90~120分程度と長めですが、その後は平均して30~60分程度で終わるためホワイトニングのための拘束時間はホームホワイトニングに比べて少ないといえます。

〈デメリット〉

☆費用はホームホワイトニングに比べて高くなります。

☆ホワイトニング剤が歯周病や虫歯の患部に付着すると症状が悪化する危険性があるため、先に治療が優先されることもあります。

☆個人差はあるものの、オフィスホワイトニングは3カ月を過ぎた頃から元の色に戻り始めることもあるため、施術を継続する必要があります。

☆オフィスホワイトニングは誰でも受けられるわけではありません。例えば、ホワイトニングは天然の歯を対象にしているため、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの人工歯には効果を期待できません。

 

ームホワイトニング

 ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと違い、自宅で行えるホワイトニングです。患者さまがご自宅で専用の薬剤とマウスピースを用いて、ご自身のペースで行っていただけます。診療室で型取りを行い、専用のマウスピースを作成します。

〈メリット〉

☆毎日自宅ででき、白さの持続にも向いていますが、効果が出るまでには時間がかかります。

☆自分の好きなタイミングでいつでもできます。そのため仕事などが忙しくて歯医者さんに通えないという方に人気です。

☆オフィスホワイトニングと比べて色素の分解が細かくなるため、色持ちが良いと言う点があります。ゆっくり時間をかけて白くすることで、歯の表面荒れも抑えることができ、透明感のある自然な仕上がりになります。

〈デメリット〉

☆マウスピースの装着時間は1日1回30分〜であり長く、白さに満足するまでは毎日使用することが勧められています。

☆直後は飲食物の色を吸収しやすい時間があり、白以外の色の付いた飲食物・タバコなどは数十分から数時間我慢する必要があります。

☆また、歯科医師の手を使わず個人で使用ができるよう低濃度の薬剤を使用するため、オフィスホワイトニングに比べると1回の装着時間が長く、白くなるまでにかかる期間も長くなる傾向にあります。

ュアルホワイトニング

 デュアルホワイトニングは、上記のオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法です。つまり両方並行して行います。

<メリット>

☆短期間で確実にホワイトニング効果を感じられます。

オフィスホワイトニング+ホームホワイトニングであるため、どちらか単独で行うより効果を感じやすいです。

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング両方のメリットを感じることができます。

☆ホワイトニング効果が長続きする
☆ホワイトニング後の色戻りが起きにくい

<デメリット>

☆費用がかかったり、知覚過敏が起こることがあります。

☆薬剤の濃度が高いので、知覚過敏を起こすことがあります。

S__116654113_edited.jpg
お絵描き1_edited.png
お絵描き1_edited.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
2510DB45-344F-4851-A306-23E790068D6B.png
49B0FF38-C5F4-4AA2-87FB-B8F44706CDFC.png
49B0FF38-C5F4-4AA2-87FB-B8F44706CDFC.png
S__116596763_edited.jpg