スタッフからのメッセージブログ

  • 診療方針
  • 矯正治療
  • ホワイトニング
  • 小児歯科
  • 保険適応外診療
  • 学校検診から
  • クリーニングルーム
  • 俳句
  • MDCニュース
  • ウエルかむファミリー
  • 皆様からの声

むし歯の予防をわかりやすく解説した本です。
(クリックで読めます)

お知らせ

■当医院では保育士が常駐していますので、小さなお子様連れの方でも安心してご来院いただけます。

■水曜日は休診日ですが、祝祭日のある週の水曜日は午前中診療しています。

診療方針

世間では、余程のことが生じてやっと医者さんを訪れる方が少なくありません。歯医者さんにはなかなか足を向けにくい方が多いようです。では何故歯医者さんを「嫌がる」方が多いのでしょうか。
一番の理由は「大切な歯を削られるのが嫌だから」ではないでしょうか。むし歯の部分は悪いものだから削るものだと頭では理解していても、心のどこかで、「できることならば、削られたくない」と誰もが思っているものです。
実は、私たちも皆様の大切な歯を削ることは、とっても嫌なことです。できるだけ削りたくないのです。ですから、私たちの医院では「できるだけ削らない」「できるだけ抜かない」という方針で診療しています。

「歯医者さんは虫歯を治す」ことが本当にできるのでしょうか。

お口の中にたくさんいるいわゆる「むし歯菌」が原因で、歯が溶かされる結果が虫歯なのです。そして、むし歯になった部分は決して自然に元通りになることはありません。
では、歯医者さんなら、元通りにできるのでしょうか。歯医者さんは、できてしまった歯の穴を埋めますが、元通りの歯に回復させることまではできないのです。壊れたおもちゃの部品のように「交換して」治すこともできないのです。つまり、むし歯は不治の病(やまい)のひとつと言えます。2度と元に戻らない病だからこそ、予防しなければなりません。そこで、私たちはおひとりおひとりに合った予防システムをご提案いたします。予防は、あなた御自身と歯科医院との2人3脚です。楽しみながらむし歯や歯周病の予防をしていきましょう。

無痛治療を第一に心掛けております

皆様の歯科の受診がついつい遅れてしまう理由の2つめは「治療が痛いのではないか」という不安感によるのではないでしょうか。この不安感を取り除くため、私たちは無痛治療を第一に心掛けております。特に麻酔の注射を無痛にするために、魔法のテクニックをいくつか使っています。
「今のが麻酔ですか?全然痛くなかった」
「いつ麻酔をされたのか全く気づかなかった」
そんなお声をよく耳にします。小さなお子様でも痛くて泣くこともありません。本当でしょうか。そうなのです、ここには魔法があるのです。どうぞ安心してご受診なさってください。

主役はあなた御自身です

ここではあなた御自身が主役なのです。
私たちは、主役が笑顔に自信を持てるように助力するサポーターです。
どうぞ、何なりとおっしゃってください。

客観的なデータに基づいた診療を行います

このあたりがむし歯、なんとなく歯周病、このあたりを治療されたような感じ・・・。あいまいにするのではなくて、どこがどんなふうになっているのかを、数値と画像とで明確にご説明いたします。そうすることによってこれまでの経過とこれからの目標がよくお分かりいただけます。

当院のシステムを紹介させていただきます。

当医院にお越しになられたならば、まずお話をお伺いいたします。
これはいわゆる「問診」とは違います。現在のお口の中のことは、拝見させていただければ分かりますから、私たちがお聞きしたいのは、これまでどんな思いをなさってこられたのか、そしてこれから先、どんなふうになれたらいいと思っておられるのかということです。
私たちはお口の専門家ですが、お口の中だけ覗いて診療しようとは思っていません。あなたの心と相談しながら、心の求めるものを満たして差し上げたいのです。ですから、この時間をとっても大切にしています。
続いて、口の中の写真やレントゲン写真を撮らせていただきます。
さらに、歯肉の状態も細かく検査させていただきます。
検査データを基にして、診療計画をご提案いたします。
さて、いよいよ客観的なデータに基づいた診療の開始です。むし歯の再発や歯周病の進行を止めるための治療を優先させますが、その際、「おまかせ診療」ではなくて、あなたにも積極的に参加していただきます。予防を主体とした診療では、あなたの協力が絶対に必要となります。いっしょに楽しく進めます。
治療後の良い状態を長期にわたり維持するため、そしてあなたの大切な歯をむし歯や歯槽膿漏から守るために欠かせないのが、このメインテナンスです。
定期的に御来院頂いて、経過を観察しながら、歯石除去や歯のクリーニングを主に行います。